2010年9月 6日 (月)

天然水を求めて

私が住む鳩ヶ谷は地下水をくみ上げて、上水道の30%は地下水を利用しているそうだ。
河川取水100%の上水道よりはおいしいといわれている。(鳩ケ谷の地下水をペットボトルに詰めて販売もしている)。

今はなくなってしまったが、お隣川口にはサッポロビールの工場があった。ビールは水がおいしいところで作られるということで、この近辺はおいしい水の出るところなのだろう。

今は、水をわざわざガソリンと同等な値段で買う人が多い。
我が家はそんなことはしないが、天然水を時々手に入れている。

私の友人が八王子の山側に住んでいて、その集落は引用の沢水を引き込んでいるのだ。月額使用料は200円くらいだったか。友人の家に遊びに行くときは大きなポリタンクを持っていくことにしている。
この水で入れたお茶はなんとなくおいしい気がする。お米もこれで炊くとおいしい気がする。

ついこの間も、用事があったので1年ぶりくらいに訪ねた。
山の中でも暑かったのだが、友人宅の脇を流れる沢のせいか、気持ち的には涼やかである。2時間くらいの滞在時間で、ゆっくりと友人と話すことができなかった(雑誌の取材中ということもあったのだが)が、今度、水を汲みに行く口実にゆっくりとしたいと思っている。

| | コメント (0) | トラックバック (0)