2013年1月15日 (火)

「10年に1度」並みの大雪

14日。世間では成人の日というハレの日でした。

我が家では父の一周忌法要がありました。

数日前から天気予報とにらめっこ。天気悪そうだなぁ。雪とか言ってるけど、大丈夫か。

前日の天気予報やウェザーニュースなどの予報では内陸を中心に大雪。雨、雪の予報分布図をみても川口は、「うっすら積もる程度」。雪から雨になる時間もあるみたいだし、大丈夫かな。

朝から雨模様でしたが、法要の始まる30分前から雪に変わり始めました。
読経を聞きながら、お寺の本堂から見える景色が白くなり始めているのが気になって仕方がありません。墓前にお線香をあげに行くときにはかなりの積雪。

この後場所を変えて、会席の会場へと行くのですが、道に出てびっくり。道路もすごい積雪。轍があっても道路面が見えない。
送迎バスも細い道で、曲がる際に何度か切り返しを余儀なくされたとか。
交通量の多い国道に出ても雪がシャーベット状になっているだけで、スリップしそう。現にバスの前を走っていたタクシーは後輪がふらふらしていて、見ているこっちが冷や冷や。途中、事故があって通行止めになった箇所がありUターンしたり、道が混んでいたりと、通常20分程度で到着する道を1時間もかかってしまいました。帰りも同様。

帰ってきたら、自宅周辺は10cm以上の積雪。喪服を作業着に着替え、自宅前の通りの雪かき。
すごかったのがビニルハウス。たぶん作って始めてではないかという雪で、中央部がしなっていました。
手が届くところだけしか雪おろしができませんでしたが、しなりはとれたと思います。翌日確認しましたが、大きく曲がったところはないし、ビニルの破けもないしホッとしました。

野菜も雪で埋まってしまったので、直売もしばらくはお休みかな?

Dvc00386

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2013年1月11日 (金)

ふくろうの巣

「はとがやに里山をつくる会」の協力を得て、農園敷地内(屋敷林)にふくろうの巣を架けました。

2年くらい前にふくろうの巣を作りたいと、「はとがや~」の会員さんに相談していましたが、当時ふくろうの営巣時期が過ぎた頃で後回しになったり、他の用事で忙殺され忘れてしまったりということがあり、2年越しの実施となりました。

巣箱は、前に廃棄物だったリンゴ箱をもらっていて、それに物置で眠っていた何かの板に穴をあけたものをビス止めにして完成させました。材木を製材するときにでる”ばた材”と呼んでいるものもあったので、巣箱の両サイドにつけ木の洞らしくカムフラージュ。

そういった巣箱を2つつくり、スダジイの木に取り付けました。

営巣シーズンは2月までらしいので、それまでにふくろうが見つけてくれると良いのですが…。

Subako02

Subako04


| | コメント (0) | トラックバック (0)

2012年6月22日 (金)

台風5号の爪痕

やっぱり台風は上陸しました。台風自体も時速60km~70km/hという早さでしたが、関東がまるまる暴風域にはいるという台風でしたので、なんらかな被害は考えておかなければなりません。
ビニルハウスは大丈夫だろうか、インゲンのパイプ(きゅうりパイプというものにネットをかぶせてあります)は倒れないか、ナスやトマトは…

19日夜半までに雨は落ち着きましたが、風が強く、家も揺れているような感覚に陥るほどです。

朝は眩しい日差しで目が覚めました。
畑に行って状況確認。
・ビニルハウス…無事
・インゲン…パイプは無事でしたが、インゲンが抜けたところ、芯が折れたところが何株かでました
・つる性作物…きゅうり、ゴーヤは被害なさそう(まだ植え付け株数が少なかった)。かぼちゃは根元から折れたものあり
・ピーマン、ししとう…支柱の補強はは間に合わなかったのですが、倒れてはいますが大丈夫そう。
・ナス…杭と竹で支柱は固定してあったため、倒れたものなし。茎が折れたものも見当たらず。
・支柱ごと倒れました。杭は両端でワイヤで支柱固定のため、ウネの真ん中辺りはひどく傾いていました。倒れたわけではなく、抜けたものや折れたものがなかったのが救いです。わずかな作業で復旧できそう。

他には防草シートや敷き藁が風で飛ばされたりくらいでしょうか。
枝豆、おくらなどは低いため、影響は受けていなかったよう。

大きな被害も出ずよかったです。

Imgp0213_2


| | コメント (0) | トラックバック (0)

2012年3月 1日 (木)

珍客ご来園

2月中ごろ、我が農園のケヤキの大木で、カラスがぎゃあぎゃあ騒がしくしておりました。

巣作りの場所探しか?

火薬で音を出すおもちゃの拳銃を用意して、ケヤキの木を見上げると、なにやら見かけぬ物体が…。

ん?何だろう?

hiroの姿に感づいたのかその物体が飛び立ちました。それを追ってカラスも飛びます。
カラス大の大きさだけど黒くない。え、まさか猛禽類?

市内で、自然観察をしているFさんに連絡すると、オオタカではないかとのこと。市内(鳩ケ谷地区)でもたびたび目撃されているようで、うちに来る可能性は大きいとのこと。

それ以降、カラスが鳴いていた時など気にしてケヤキの木に目を向けています。最初にオオタカ(らしきもの)がとまっているのを目撃してから2週間もたっていませんが、その後4回ほど確認しています。
巡回ルートになっているのでしょうか?

楽しみが増えてきました。

| | コメント (0) | トラックバック (0)