« 2012年7月 | トップページ | 2013年1月 »

2012年8月26日 (日)

たどころ豆

Tadokorohana
鳩ヶ谷の地豆(じゃないかもしれませんが)に「たどころ豆」というのがあります。

茶豆の一種だと思います。熟した豆はクリーム色ではなく緑色をしています。
昨冬はこの豆で味噌をひと樽仕込みました。

hiro農園では昔、節分近くになると柊を出荷していました。柊には大豆を乾かし豆を採ったあとの「マメガラ」をわらでくくりつけていました。
このマメガラを得るためににたどころ豆を作っていました。

しかし、父の体が悪くなったり、柊が害虫で葉がやられ出荷できるものが少なくなったたりなどの理由から、柊の出荷はもう何年も中断しています。
自然、たどころ豆の栽培も疎遠になり、種もなくなってしまいました。

そんな時、近所の人から「たどころ豆の種が欲しい」と言われました。
ないと伝えたところ、誰か持っている人を知らないかとも言われました。

そのあともやはり欲しいという人が現れ、あの人が持っているらしい、作っているらしいという情報も入ってきます。
その「栽培しているらしい人」に農協の同じ部会のメンバーがいて、いいたところ「ある」とのこと、少しでよければ分けてもらえるということになりました。

種を探しているうちに、自家製味噌も作っていることから、私も欲しくなり、欲しがっていた人とわけあいました。

昨年数100gだった豆が1kg以上になり、味噌も仕込むことができました。
そして今年は昨年よりも多く種をまくことができました。

収穫はまだ先ですが、どれくらいとれるか楽しみです。

(写真はたどころ豆の花です)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

自治会文化祭

Bunkasai01


19日に地元自治会で「文化祭」がありました(すいませんタイムリーでなく)。

私は役員ですので、早めに会場入り、設営準備などもやらされます。

文化祭と言っても、町会内ブロックの各代表、老人会のサークル、民謡の会などがステージで発表する(歌う)というのがほとんどですが。

開始がお昼すぎというちょど暑い時間だったのですが、多くの人に来てもらえてよかったです。

Bunkasai02


Bunkasai03

| | コメント (0) | トラックバック (0)

オクラ、終わりつつあります

Okura
ワサワサと茂っていた葉っぱは、その付け根になる実を採るときに一緒に落としていきます。

そして今では、上の方だけ葉っぱが残すだけのすっきりした姿になってきました。

花はまだつけていますが、この一角のオクラは早々に片付けてしまいました。
次に大根を蒔く予定でいます。

マリーゴールドも花盛りですが、こちらもごめんなさい、抜いてしまいます。

マリーゴールドの花は草木染めの染料としてもかなり優秀で、ミョウバンを触媒とすると鮮やかな黄色に染まります。
欲しい人は1~2日のうちに来ていただければ差し上げます(自由にとってください)。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2012年8月19日 (日)

ささげ

ひと月ほど前の記事でささげの花と収穫をと書いたのにほったらかしになっておりました。

Sasagehanaささげの花は夜のうちに咲いてしまうのでしょうか、早朝に花が開いていて、火が高くなるにつれ色が褪せしぼんでしまいます。
スイートピーに似た花で、クマバチ(スズメバチ=クマンバチの方でなく)がせっせと花から花へ忙しく飛び回っています。

で、実の方ですが30~40cmくらいになるサヤを若どりして、おひたし、汁の実、炊き合わせ等の煮物に使えます。

今年は昨年までの品種と変えたのですが、ん~どうも見た目が淡い緑色で若くても豆の形がはっきりしていて、直売所での売上がイマイチなのです。
そのうち、取り忘れ、収穫のサボりで若どりできなくなったさやが出てきます。
種苗メーカーに問合せをしたところ、「煮豆、強飯・赤飯に利用されているようです」と回答をいただいたので、収穫適期をすぎたさやは豆として収穫することにしました。

下の写真はさやがなっている様子。
去年までは「けごんの滝」という品種でした。滝のように見えますか?

Sasage

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2012年7月 | トップページ | 2013年1月 »