« 2011年9月 | トップページ | 2012年3月 »

2011年11月26日 (土)

「大」がさびしそうです

「かん奈」が死に、敷地内に穴を掘り埋葬しました。口元に大好物だった柿や反芻動物用のえさを、また体には花を添え、妻とスコップで土をかけました。

前日、妻はかん奈が死んだとわかると、小屋でずっと泣いていました。が、自分は自然に出てこない涙にとまどい、悲しくないわけはないのにと思っていました。

土を体からかけ、いよいよかん奈の顔に土がかかると涙があふれてきました。
かなしいなぁ…くやしいなぁ。

土饅頭ができ、先日いただいた鉢花があったのでそれを供え、二人で線香をあげました。

埋葬の間、「大」は田んぼに出していましたが、いつもならすぐについてくるかん奈が来ないため、かん奈を呼ぶように鳴いていました。
「かん奈はね、もういないんだよ」
そんなことを言ってもわかるわけはないのに、鳴くたびに声をかけます。
ひとりぼっちになったことがない大にとってはとてもさびしいのでしょう。

翌日は畑につないでやりました。
畑では人間たちが見えるので安心するのでしょう、鳴くことはありませんが、人がいなくなるとやはり鳴き始めます。
かん奈が死んで5日たちますが、まださびしそうです。

市内にヤギを数頭飼育している園芸屋さんがあります(1頭は大のこども)。
そのうちの1頭を借りてこようかと、思い始めています。

少しは落ち着いてくれるといいのですが…

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011年11月21日 (月)

ヤギのかん奈が…

2008年1月から肥留間農園のメンバーに加わり、ご近所の幼稚園や保育園児のアイドルとなった2頭のヤギ、「大」と「かん奈」。

11月21日午後、雌ヤギ「かん奈」が死にました。
6月に具合が悪くなり、春日部の獣医師、森田さんに診てもらい元気になったのですが(フィラリアによるものを診断されました)、ここ数日息が荒くなり、再度診てもらうことにしました。

「肺の調子が悪そうだ」
「大にくらべて体が小さく、皮膚が弱そうなのが気になる」

そう診断してくださった森田先生が3種類の注射を打ってくれました。

「早く良くなると良いね」
と妻も声をかけます。

連日の雨で放牧地がぬかるんでいたので、小屋で過ごしていたため、しばらくしてから妻が餌をあげに小屋へ向かいました。
「かん奈が倒れてる。だめかも…」
飛んできた妻が叫びます。

小屋の隙間からかん奈の顔が出ていましたが、生気はありませんでした。目は見開かれ、首はぐったり。注射を打たれたときはへこんでいたお腹がパンパンにふくれていました。
森田先生にかん奈が死んだことを報告。森田先生の声も心なしか残念そうに聞こえてきました。

かん奈は畑の一角に埋めてやろうと思います。
大はひとりぼっちになってしまって、当分はかん奈のことを探すかもしれません。大とかん奈の子供をよそに上げる時もさびしそうにしていたのが、もう翌日にはケロッとしていたので、すぐに忘れてしまうのかもしれませんが…。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2011年9月 | トップページ | 2012年3月 »